>  > 高い声の2重奏がすごいですよ。

高い声の2重奏がすごいですよ。

女の子のクリちゃんをねちねち舐めていたら声を荒げて女の子が「お客さん、本当にズルい。私だけ逝っちゃいますよ」なんていうので、こっちのちんぽも舐めてもらえる「シックスナイン」へと体勢を入れ替えました。それでも、優しく親切丁寧にクリトリスを舐め続けると、何回か軽く逝ったのか、ぐったりしてましたね。本気で逝ったのは淫汁がとろんとしてくるからわかるんですよ。それに若い女の子の淫汁は臭いがなくていいですね。おいしくさえ思えてしまいます。それから挿入となるんですけど、高級ソープ嬢のほうから「もう、入れてて良いですか?おめこしたいです」なんて淫後をまぜながら懇願してきたのでまずは正上位へ移行しました。いつの間にかコンドームを被されていて、これには思わずビックリですよ。そして挿入ですが徐々にそのピストンのペースを上げていきます。すると、今まで上品な女の子が獣のようによがり声を上げてきました。「うぉー」という低い声、「はぁーん」という高い声の2重奏がすごいですよ。

[ 2016-01-27 ]

カテゴリ: ソープ体験談